スポンサーサイト

  • 2013.10.26 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    『真夜中のパン屋さん』 大沼紀子

    • 2011.11.26 Saturday
    • 22:35

    最近本屋さんでよく見かけて気になっていた本。
    sacchimoniちゃんから借りて読みました♪

    いいお話だったぁ。
    真夜中に営業する「ブランジェリークレバヤシ」というパン屋さん。
    そこに、転がり込んだ高校生のぞみが主人公。
    ダメダメな母親に振り回されることに慣れて、
    妙に冷めた高校生だけど、とってもたくましい!

    彼女のほかにも、ちょっと変わった人たちが次々に登場。
    やっぱりダメダメな母親に振りまわれる小学生こだま。
    ちょっと変態な斑目さん。
    ニューハーフのソフィアさん。
    みんなそれぞれいろんな事情があるけど、
    なんやかんや言って、優しくて一生懸命でとっても温かい。
    特にこだまくんがお母さんを想う気持ちが泣けるくらいかわいい。

    そんなメンバーたちが、
    いつの間にか「ブランジェリークレバヤシ」で繋がって、
    一緒に協力するところが素直にいいなぁと思えました。

    私的にじーんとした言葉。
    ダメダメなこだまの母親に言った言葉。(ソフィアさんだったかな?)
    ”あなたはこだまに、好きって気持ちを教えてるの。
    そんな大事なことを教えてる母親が、どうしようもないわけないじゃん。”

    確かに読んでると、パン・・・・すごく食べたくなります(笑)

     

    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト

    • 2013.10.26 Saturday
    • 22:35
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      makikoさん、こんにちは。
      久々に女子的な本というか、なんか「物語」に出逢えた感じの本でした。
      ドラマ化もしくは映画化・・しやすそう。
      なにげないひとことでじーんってくることもあったし、なによりもパン食べたいっ!!って思ったよね〜。

      たまにこういう本を読むと、なんか息抜きになるね。
      ☆sacchimoniちゃんへ

      あったかい物語だったね〜。
      確かに映画化できそう♪
      すごいキレイにまとまってるし、気持ちいい終わり方だったし、パンもおいしそうだったし。
      本屋さんでもいっぱい並んでたから、きっと評判いいんだろうね。

      貸してくれてありがとう♪
      • makiko
      • 2011/12/24 10:32 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      真夜中のパン屋さん (ポプラ文庫)大沼紀子ポプラ社発売日:2011-06-03ブクログでレビューを見る»TV番組のbook紹介コーナーで知りました。パン好き人間としては、夜中に開いてるパン屋さんがあるっていう題名だけで興味津々。夜中に開いてるパン屋さんってだ
      • 四つ葉のクローバーを探して
      • 2011/12/18 12:48 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>

      ブクログ

      ねこのきもち

      ブログ村

      楽天ブックス

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM