スポンサーサイト

  • 2013.10.26 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    『さよならドビュッシー』 中山七里

    • 2011.07.05 Tuesday
    • 22:02
    『このミステリーがすごい!』大賞第8回(2010年)大賞受賞作。
    装丁がキレイで、タイトルもステキ!と気になってて、
    図書館で見つけたので借りて読みました。

    ピアニストを目指す主人公の高校生が火事に巻き込まれ、
    全身大火傷を負い、家族も失い、自分も誰かに命を狙われ・・・
    それでも諦めずにピアニストを目指す!という物語。
    ピアノの描写がかなり丁寧で、ミステリー部分が薄く感じられたくらい。
    火傷にもいじめにも負けずがんばる姿は、それだけでもストーリーとしてアリかも?
    岬先生もステキだったし♪

    犯人は、一部わかってしまった部分はありましたが、
    最後のどんでん返しは読めず・・・
    すっかり騙されていました。
    ただ、謎を謎として進めるために仕方ないのでしょうが、
    家族を亡くしてるのにその辺の気持ちの描写が軽いのは、
    ちょっと感情移入できず・・・
    犯人がわかると、あぁ・・・なるほど、そういうことだったのか、という感じ。

    最後の最後に、切ない終わり方ではあったけど、
    読後感はさわやかでした。
    タイトルの意味が最後にわかって納得♪


    スポンサーサイト

    • 2013.10.26 Saturday
    • 22:02
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      ブクログ

      ねこのきもち

      ブログ村

      楽天ブックス

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM