スポンサーサイト

  • 2013.10.26 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    『SOSの猿』 伊坂幸太郎

    • 2013.01.02 Wednesday
    • 21:23
    評価:
    伊坂 幸太郎
    中央公論新社
    ¥ 660
    (2012-11-22)

    2012年は、50冊読了を目指していましたが、49冊!(・∀・;)
    子どもたちの夏休みあたりは全然読めなかったからなぁ。
    今年は50冊は読みたいな。

    さて、今年の1冊目は伊坂さん♪

    文庫化されたものは即買っていましたが、
    積読本になってました。

    ひきこもり青年の「悪魔祓い」を頼まれた男の話(私の話)と
    一瞬にして300億円の損失を出した
    株誤発注事故の原因を調査する男の話(猿の話)。
    交互に話が展開するのですが、
    最終的には繋がってる・・・という伊坂さんらしい感じ。

    最初はなかなか面白い!とスラスラ読んでいましたが、
    途中から孫悟空が出てくるとは・・・(笑)
    現実的な話とファンタジーが入り混じっていて、
    不思議なお話でした。

    誤発注事故の原因が、
    入力ミス→入力ミスの原因は作業者の睡眠不足
    →睡眠不足の原因はお隣の部屋が騒がしかったから・・・
    という真因分析にはオイオイと思いましたが(-∀-`; )
    二つのお話を繋ぐ重要な要素。

    孫悟空の存在は必要か?とも思いつつ、
    バカバカしい感じで楽しめました。

    さぁ~今年もいろいろ読むぞ☆

    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト

    • 2013.10.26 Saturday
    • 21:23
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      ブクログ

      ねこのきもち

      ブログ村

      楽天ブックス

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM