スポンサーサイト

  • 2013.10.26 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』 辻村深月

    • 2012.07.28 Saturday
    • 22:23

    文庫本ほぼ読破中の辻村サン。
    これはけっこう前に買って積読本になってましたが、
    やっと読みました!

    ミステリーっぽいのですが、全体的に重い・・・
    主人公みずほが失踪した友達チエミを探す物語。
    ものすごく仲のよかったお母さんを、チエミは本当に殺したのか?
    みずほとチエミの関係って一体どんな裏があるのか?
    みずほと母親の関係はどうなるのか?
    ずーっと何かひっかかる感じで読みながら、
    「きっと最後にはスッキリさせてくれるはず!」と期待して読みましたが、
    今回はあんまりスッキリしなかったなぁ。(笑)

    含みがありすぎてそのメッセージを読みきれなかったのかも?

    でも、母と娘の微妙な関係や田舎の友達関係については、
    わかるわかる!という部分も多くて、
    読んでてイタいけどほんと巧い!

    なんとなく湊かなえさんの本みたいな、
    ドロドロ感を感じました。(湊さんも好きですが)

    最後のほうで、やっと「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」の
    タイトルの意味がわかって、ちょっと感動。
    お母さんに生きてて欲しかった。。
    そしたらきっとこれから先もっといい関係になれたはずなのに・・・


    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト

    • 2013.10.26 Saturday
    • 22:23
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      私も「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ」はだいぶ前に買ってあるのですが積読状態です^^;
      なかなか自分が買った本って、いつでも読めると思うと後回しになっちゃって(笑)
      これは最後あまりスッキリしないんですね〜
      早く読みたいけど、辻村さんは文庫でしか読まない!と決めてるので、次が出ないと読むのが勿体無くて^^;
      • 明太子
      • 2012/08/07 8:22 AM
      ☆明太子さんへ

      自分が買った本、後回しになるのわかります!
      私も積読本いっぱいある・・・^^;

      「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ」はドロドロっとした感じで、なかなか進みませんでしたが、
      親子も含めて人間関係の複雑な気持ちの描写が、
      相変わらず痛いくらいにリアルでした。
      辻村サンの文庫は、これが最新でしたっけ?
      私も本屋さんで見るけるととりあえず買ってしまいます。
      最近夏休みでバタバタしてて全然本読めないです〜。
      • makiko
      • 2012/08/12 10:12 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << May 2018 >>

      ブクログ

      ねこのきもち

      ブログ村

      楽天ブックス

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM