スポンサーサイト

  • 2013.10.26 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    『つばさものがたり』 雫井 脩介

    • 2012.02.25 Saturday
    • 17:02
    評価:
    雫井 脩介
    小学館
    ¥ 1,575
    (2010-07-29)

     『クローズド・ノート』がよかったので、
    つぎは『つばさものがたり』を読んでみました。
    最近やわらかい本多いけど、疲れてるからかな(笑)

    これ、ものすっごくよかったです!!久々の★5つ。
    もう、何回も泣きそうになって、
    最後はボロボロ泣きました。(子ども達もびっくり。笑)
    思わずひめにも勧めてしまった。

    主人公の小麦は自分のケーキ屋さんを持つのが夢。
    乳がんに侵されながらも夢に向かって頑張る姿や、
    周りで支える家族があったかくて・・・
    そこに天使が見える甥っ子ちゃん登場!
    この子がいい味を出してて、
    ファンタジーっぽいのになんだか心打たれました。

    天使っているのかもしれないなぁ。なんて。
    自分が死ぬとき天使が来てくれたらいいなぁ。なんて。

    こういうお話に感動できるって、
    私もなかなか純粋だなぁ〜(笑)と思うくらい、
    不思議とグッときました。

    いい本に出合えました♪オススメ♪




    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト

    • 2013.10.26 Saturday
    • 17:02
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      すごく読みた〜い!

      雫井さんって、ずっと刑事物のイメージしかなかったけど「クローズドノート」を読んで印象が変わりました。
      泣ける本も書けるなんて素敵ですよね。(^-^)




      • マチルダ
      • 2012/03/02 8:49 AM
      makikoがそこまで言うなら、私も読んでみるわ!
      (私も最近お疲れ気味やしwww)
      明日、早速図書館で探してみま〜す★
      また感想はミクシィレビューで書くね!
      • ゆきんこ
      • 2012/03/02 10:40 AM
      ☆マチルダさんへ

      雫井さんって刑事モノのイメージなんですか!?
      私は、「クローズド・ノート」が初だったので、
      こういうやわらかい雰囲気のお話が多いのかと思ってました。
      雫井さんの書く刑事モノ、気になります!
      • makiko
      • 2012/03/04 10:51 PM
      ☆ゆきんこちゃんへ

      最近お疲れ気味なんや〜。
      それは、読んだらかなり泣けると思うわぁ(笑)
      泣く系はそんなに好きではないんだけど、
      これはオススメ!
      mixiレビューってアップされたらわかるんかな?
      読んだら感想楽しみにしてます!
      • makiko
      • 2012/03/04 10:54 PM
      雫井サンは、私も「クローズド・ノート」が初作品だったんですが、
      私は実はあまり好きではなくて^^;

      「火の粉」という本も読んだけど、こちらは隣人の恐怖を描いたお話なんだけど、すごく怖くて面白かったですよ^^

      「つばさものがたり」は図書館に並んでるの一度も見た事ない。。。
      今度予約入れてみます!

      私は今、「ジェノサイド」読んでます^^
      科学の話に頭痛めてるけどw、どんどんのめり込んでます( *´艸`)
      • 明太子
      • 2012/03/08 10:21 PM
      ☆明太子さんへ

      「つばさものがたり」はちょっとファンタジーっぽい感じですが、
      妙にグッときました。
      雫井さんのミステリー、怖いんですね。
      いろんなタイプの作品があるってすごい!
      また図書館で探してみたいと思います。

      「ジェノサイド」はまりますよね〜♪
      • makiko
      • 2012/03/12 7:06 AM
      一気に読んでしまいました。
      主人公のひたむきな頑張りとそれを支える家族の愛情溢れる支援の数々が、読んでいてとても気持ちを暖かくしてくれました。
      トラックバックさせていただきました。
      トラックバックお待ちしていますね。
      こちらもトラバありがとうございました!
      結末が読めてしまう中でも、
      つい感情移入して引きこまれてしまいました。
      悲しいけど、ステキなお話ですよね♪
      • makiko
      • 2013/05/29 12:40 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      もっと我慢せず、自分のために生きればいい。 君川小麦は、26歳のパティシエール。東京での修行を終え、ケーキショップを開くため故郷の北伊豆に帰ってきた。小麦の兄・代二郎と義理の姉・道恵の間には、...
      • 粋な提案
      • 2013/03/22 11:03 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      ブクログ

      ねこのきもち

      ブログ村

      楽天ブックス

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM