スポンサーサイト

  • 2013.10.26 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    『あるキング』 伊坂幸太郎

    • 2013.05.31 Friday
    • 23:28
    評価:
    伊坂 幸太郎
    徳間書店
    ¥ 620
    (2012-08-03)

    大好きな伊坂さんの作品。
    ・・・だけど、感想が難しい。

    前に読んだ『SOSの猿』もそうだけど、
    完全に伊坂さんの趣味っぽいというか、
    万人受けしようとしてない感じ。
    (伊坂さんもあとがきにも書いていますが)

    ミステリーでもないし、ファンタジーでもない。
    現実と非現実が混ざった不思議な世界でした。
    簡単に言うと、野球好きの両親に野球で王となるように・・・と、
    「王求(おうく)」と名づけられた主人公の一生のお話。
    彼は、本当に野球の天才になったけど、
    天才がゆえに敬遠され、周りから妬まれ、
    ついには、まともに野球をさせてもらえない状況にまで・・・

    このお話のキーワードは、
    シェイクスピアの名作「マクベス」に登場する有名な台詞、
    「Fair is foul,and foul is fair」
    訳すと・・・「きれいはきたない、きたないはきれい」
    何が言いたいんだ??と思ってしまうキーワードですが・・・
    最後まで読んでも、わかったようなわからないような(笑)

    「Fair is foul,and foul is fair」

    いいことがいい、悪いことが悪い、とは限らないってことか。
    天才の一生って・・・・幸せなものとは限らないのかも?
    なんとも不思議な余韻が残るお話でした。

    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    『SOSの猿』 伊坂幸太郎

    • 2013.01.02 Wednesday
    • 21:23
    評価:
    伊坂 幸太郎
    中央公論新社
    ¥ 660
    (2012-11-22)

    2012年は、50冊読了を目指していましたが、49冊!(・∀・;)
    子どもたちの夏休みあたりは全然読めなかったからなぁ。
    今年は50冊は読みたいな。

    さて、今年の1冊目は伊坂さん♪

    文庫化されたものは即買っていましたが、
    積読本になってました。

    ひきこもり青年の「悪魔祓い」を頼まれた男の話(私の話)と
    一瞬にして300億円の損失を出した
    株誤発注事故の原因を調査する男の話(猿の話)。
    交互に話が展開するのですが、
    最終的には繋がってる・・・という伊坂さんらしい感じ。

    最初はなかなか面白い!とスラスラ読んでいましたが、
    途中から孫悟空が出てくるとは・・・(笑)
    現実的な話とファンタジーが入り混じっていて、
    不思議なお話でした。

    誤発注事故の原因が、
    入力ミス→入力ミスの原因は作業者の睡眠不足
    →睡眠不足の原因はお隣の部屋が騒がしかったから・・・
    という真因分析にはオイオイと思いましたが(-∀-`; )
    二つのお話を繋ぐ重要な要素。

    孫悟空の存在は必要か?とも思いつつ、
    バカバカしい感じで楽しめました。

    さぁ~今年もいろいろ読むぞ☆

    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    『モダンタイムス』 伊坂 幸太郎

    • 2011.12.11 Sunday
    • 23:00
     『モダンタイムス』読み終えました!
    なんだか、『ゴールデンスランバー』に雰囲気似てるなぁ〜と思ったら、
    同時期に並行して書いていたんですね。

    あとがきにも書かれていますが、
    「二つの作品は、生真面目な兄と奔放な弟とでも言うような、
    二卵性の双生児に似ています。」とのこと。

    確かに・・・どちらも国家権力とか社会システム全体といった
    目に見えない大きな敵に立ち向かっているところは同じ。
    ただ、『ゴールデンスランバー』はひたすら逃げる!のに比べて、
    『モダンタイムス』は真正面から立ち向かっています。
    そう言うと、『モダンタイムス』の方が面白そうなんだけど、
    私的にはやっぱり『ゴールデンスランバー』の方が面白かったなぁ。

    『モダンタイムス』に出てくる登場人物は、
    超能力があったり、主人公渡辺の奥さんが異常に強かったり、
    (というか、あの奥さんはほんとに何者だったんだろう・・・?)
    井坂好太郎という女たらしの作家が出てきたり・・・遊び心満載♪
    読んでて楽しかったけど、感動!とかそういう感じではないかな。

    決定的な悪者(独裁者)がいない中で、
    知らないうちに”そういうことになっている”ってあり得そうで怖い。。
    細かいところでスッキリしない部分はあるけど、
    それでも伊坂さんが伝えたいメッセージはわかるような気がしました。

    「播磨崎中学校 個別カウンセリング 安藤商会」
    これで検索すると、大変な目に遭う・・・という話なんですが、
    思わず検索しちゃいました。(笑)
    そしたら、めっちゃ出てきた。同じように検索する人多いってことですね♪
    出会いすぎちゃうくらい出会っちゃうサイト が出てきてびっくり。
    ↑講談社さんもなかなかやりますね。(モダンタイムスのサイトです)

     

    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    『魔王』 伊坂幸太郎

    • 2011.12.01 Thursday
    • 23:25
    評価:
    伊坂 幸太郎
    講談社
    ¥ 650
    (2008-09-12)

    「モダンタイムス」が文庫化されたので、もちろん買いました!
    すぐに読みたいのはやまやまだけど・・・
    「モダンタイムス」は「魔王」の続編で、「魔王」から50年ほど経った後の物語。
    ということで、先に以前読んだ「魔王」を再読しました。

    前に読んだときは、なんだか後味の悪い話でイマイチかな?
    と思っていたのですが、改めて読むと新鮮でした。
    久々の伊坂幸太郎だからかな。

    兄の安藤が主人公の「魔王」と弟の潤也が主人公の「呼吸」の二部構成。
    安藤の”腹話術”という能力や、後半の潤也が身に付けたちょっとした能力など、
    不思議な超能力(?)が出てくるところが伊坂さんらしい感じ。

    若者から絶大な人気を得ている未来党党首の犬養は、
    力のある言葉でぐいぐい引っ張っていくけど、確かに・・・なんだか不気味。
    何も考えずについて行っていいのだろうか・・・?アイツは危険だぞ?と。
    危機感を持つ安藤。
    「考えろ、マクガイバー」と、何度も自分に言い聞かせながら、
    自分の能力を使って犬養と対決することを決心。
    安藤の考えすぎなところはちょっと行き過ぎやろ〜と思いながらも、
    何も考えずに流される恐ろしさみたいなものも感じました。
    私も普段政治のこととか、あんまり考えてないからなぁ^^;
    おそらく流されるタイプです。。(笑)

    一方の弟の潤也はのほほんとした感じ。
    恋人の詩織ちゃんとのやり取りは癒されました♪
    そんな彼も、兄の意志を受け継いでどうも立ち上がるっぽい・・・
    というところで終わっていたので、
    「モダンタイムス」がどういう展開になってるのか楽しみ♪



     

    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    DVD『ゴールデンスランバー』

    • 2011.06.05 Sunday
    • 23:22
    評価:
    ---
    アミューズソフトエンタテインメント
    ¥ 4,767
    (2010-08-06)

    伊坂幸太郎にはまったきっかけの本『ゴールデンスランバー』
    本を読んだのに、映画を観たような気分になったのを覚えています。

    で、映画も観たいな〜と思いつつ、なかなか観れず。
    やっとレンタルして観ました。

    やっぱりすごいよかったです!
    堺雅人も竹内結子もピッタリな感じ。
    原作読んでるから結末は知ってるけど、
    それでも充分楽しめました♪
    「オズワルド」にさせられそうな青柳を、
    みんなが助けようとする姿、チームワーク(?)に泣けます。
    お父さんの言葉にも泣かされたし、
    最後の最後まで「信頼」「友情」が繋がっててじーんときました。

    私の大好きな映画「ショーシャンクの空に」と私の中で勝手にリンクして、
    あれを観たときと同じような気持ちになりました。
    設定もストーリーも全然違うけど、何か共通するような・・・
    なんで、私がこの本にここまで惹かれたのか、
    映画を観てわかった気がしました。

    こういう展開&結末大好きです♪♪

    『砂漠』 伊坂幸太郎

    • 2011.05.12 Thursday
    • 08:29
    評価:
    伊坂 幸太郎
    新潮社
    ¥ 780
    (2010-06-29)

    読んだのはかなり前ですが、レビューがまだだったので。

    これ、実は伊坂さんの作品の中でも、
    なぜかなかなかページが進まなかったんですよね。
    でも、伊坂ファンの間ではかなり評価が高い作品のようです。

    5人の大学生の青春小説。
    意外と普通の設定だけど、ちょっとした超能力を持った子がいたり、
    ちょっとした事件に巻き込まれたり。
    ストーリー的にはそれほどはまらなかったんですが、
    登場人物(特に西嶋)が変わり者なのに魅力的で、
    心に残る台詞が満載でした♪

    ”俺たちがその気になれば、砂漠に雪を降らすことだって、余裕でできるんですよ。”

    ”あのね、目の前の人間を救えない人が、もっとでかいことで
    助けられるわけないじゃないですか。歴史なんてくそくらえですよ。
    目の前の危機を救えばいいじゃないですか。
    今、目の前で泣いている人を救えない人間がね、
    明日、世界を救えるわけがないんですよ。”

    もう一度じっくりと読んでみたいな。
    そしたら、もっと、良さがわかりそうな気がする。
    とにかく麻雀のシーンがいっぱいあって、
    読んでたらちょっと麻雀してみたくなってきました。

    ”なんてことは、まるでない”(笑)

    『陽気なギャングが地球を回す』『陽気なギャングの日常と襲撃』 伊坂幸太郎

    • 2011.01.28 Friday
    • 22:10

    <・・・地球を回す>
     嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。
    この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった……はずが、
    思わぬ誤算が。せっかくの「売上」を、逃走中に、あろうことか
    同じく逃走中の現金輸送車襲撃犯に横取りされたのだ!
    奪還に動くや、仲間の息子に不穏な影が迫り、そして死体も出現。
    映画化で話題のハイテンポな都会派サスペンス!

    <・・・日常と襲撃>
    嘘を見抜く名人は刃物男騒動に、演説の達人は「幻の女」探し、
    精確な体内時計を持つ女は謎の招待券の真意を追う。
    そして天才スリは殴打される中年男に遭遇―天才強盗四人組が
    巻き込まれた四つの奇妙な事件。しかも、華麗な銀行襲撃の裏に
    「社長令嬢誘拐」がなぜか連鎖する。

    ----------------------

    伊坂作品にもいろいろタイプがあるけど、
    中でも一般的にもわかりやすくて楽しめる作品かな〜と思います。
    非現実的な才能を持つ4人が活躍(?)するストーリー。
    こんな才能がギャングの役に立つのか??
    と思ったけど、それがまたうまい具合に役立ってて。
    そのチームワークに気分爽快♪

    「・・・日常と襲撃」は続編。
    4つの短編と、中編からなる作品。
    最後の中編でストーリーが全部繋がるところが「らしく」て、
    またまたスッキリさせてくれます。

    映画になってるみたいですが、
    まさに映画にピッタリな作品かも。

    あんまり重いところはないので、
    何も考えずに楽しく読みたいときにオススメ。

    こういう軽快なタイプもやっぱり好きです♪

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    ブクログ

    ねこのきもち

    ブログ村

    楽天ブックス

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM