スポンサーサイト

  • 2013.10.26 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    『パパとムスメの7日間』 五十嵐貴久

    • 2012.03.05 Monday
    • 18:40
    評価:
    五十嵐 貴久
    朝日新聞社
    ¥ 1,785
    (2006-10)

    新垣結衣と舘ひろしでドラマもやってましたね。(観てないけど)

    パパとムスメが入れ替わってしまうお話。
    昔子供の頃に見てすごく印象に残っている
    「おれがあいつであいつがおれで」を思い出しました。
    あれは面白かったなぁ〜。古すぎる??
    ドキドキワクワクしたのを覚えています。
    「転校生」っていうタイトルで映画化もされて、
    さらに数年前にも再映画化もされましたよね。

    と。この本とは全然関係ない話ですが(笑)

    パパとムスメってことは、
    代わりに仕事行ったり、学校行ったりするんだろうなぁ。
    だいたい読めてしまうけど、何となく楽しそう!
    と思って読み始めたんですが・・・

    なんだか、独り言、話し言葉が多すぎて、小説っぽくない?
    ・・・のわりには、会社のくだりがちょっとしつこい?
    といった感じで、なんとなく引き込まれず、
    前半はなかなか進みませんでした。

    最後の展開は読めてなくて、ちょっと意外だったけど、
    パパとムスメが入れ替わりを機にちょっと分かり合えたのは、
    よかったなぁ〜♪ちょっとあったかい気持ちになりました。

    学生の頃に読んだらもっと楽しめたかも。

    やっぱり読む年代によって、
    感じ方も違うんでしょうね。



    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    ブクログ

    ねこのきもち

    ブログ村

    楽天ブックス

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM