スポンサーサイト

  • 2013.10.26 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    『いつか、キミへBoys』

    • 2013.01.30 Wednesday
    • 00:20

    sacchimoniちゃんからの借り本。
    石田衣良、小川糸、朝井リョウ、辻村深月、
    山崎ナオコーラ、吉田修一、米澤穂信。なんと豪華!!

    この中で読んだことないのは、朝井リョウと山崎ナオコーラさん。

    ちょっと若者向けなんだろうな。
    小学生~高校生くらいの若い男の子のお話でした。
    テーマも少年たちの年齢もバラバラで、
    それぞれやっぱりタイプが全然違うんですよね~。
    短編なので、浅い感じですが、
    米澤さんは短い中でもミステリーとしてできあがってるのがすごい。
    ガッツリミステリー読みたくなってきた・・・
    一番よかったかも♪

    他の作品は、
    辻村サンのは意外にさらっとしてたし、もうちょっと濃いのが欲しかったかも。
    石田サンのは、うーん・・・よくわからず(笑)意味なくエロい。
    朝井サンは施設の男の子のお話。ちょっと切ない。
    山崎サンは、イマイチ。わりと普通の小学生のお話。
    吉田サンは、ちょっと暗い影のある雰囲気のお話。
    小川サンは、ほんのりあったかくていいお話。

    短編読むと・・・長編が読みたくなる(笑)

    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    『Happy Box』

    • 2012.05.14 Monday
    • 20:43
    評価:
    伊坂 幸太郎,小路 幸也,山本 幸久,真梨 幸子,中山 智幸
    PHP研究所
    ¥ 1,470
    (2012-03-08)

    4月23日はサン・ジョルディの日。
    本を贈る日です♪

    sacchimoniちゃんから届いた本がコレ。
    「幸せ」をテーマに、ペンネームに「幸」が付く
    5名の人気作家が書き下ろした短篇小説集。

    伊坂さんファンの私ですが、
    こんな本が出てるのは知らなかった!
    初めて知る作家さんもいて、ワクワクしながら読みました。

    ☆「weather」(伊坂幸太郎)
    結婚式のサプライズのお話。
    結婚して大丈夫か!?と心配になるくらい行動が怪しい新郎。
    その怪しげな行動の裏には・・・。
    じーんとするいいお話でした。

    ☆「天使」(山本幸久)
    今回の中ではこれが一番好きかも。
    おばあちゃん掏摸師が主人公。
    なんてヤンチャな困ったおばあちゃん!と思ってたら、
    なかなかカッコイイ♪

    ☆「ふりだしにすすむ」中山智幸
    「生まれ変わり」のお話。
    なんだかSFチックで不思議な世界。
    うーん。よくわからない・・・私が理解できないだけかも。

    ☆「ハッピーエンドの掟」真梨幸子
    ちょっとゾクっとするお話。
    この人の本は読んだことないけど、こういう作風なのかな?
    なんともこわーくなる読後感の悪いお話でした(笑)

    ☆「幸せな死神」小路幸也
    ほっこりするお話。
    これが一番「幸せ」のテーマにストレートにはまってる感じ。
    死神の幸せとは?
    切ないけどよかった。

    他の作品も読んでみたいなぁと思ったのは、
    山本幸久さんと小路幸也さん。
    アンソロジーはいろんな作家さんを知ることができるので好きです。
    同じ「幸せ」でも、こんなにいろんな形があるとは。
    お得な感じで楽しめました♪

    sacchimoniちゃんステキな本をありがとう!!


    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    『I LOVE YOU』

    • 2012.04.19 Thursday
    • 22:40
    評価:
    伊坂 幸太郎,石田 衣良,市川 拓司,中田 永一,中村 航,本多 孝好
    祥伝社
    ¥ 1,680
    (2005-07)

    6人の作家さんのアンソロジー。

    ☆伊坂幸太郎 透明ポーラーベア
     お目当ての伊坂さん。
     お姉さんの元彼と思い出の動物園で再会する弟。
     「繋がり」をキーワードにキレイにまとまってて、
     ただの恋愛小説じゃないところがさすが。
     さらっと読めて楽しいけど、( )書きの突っ込みがやたらと多くて
     ちょっとしつこかったかも。。

    ☆石田衣良 魔法のボタン
     恥ずかしい〜(〃ω〃)ってくらい王道な恋愛話。
     ひねりはないけど、キュンときました。

    ☆市川拓司 卒業写真
     同級生と偶然再会。
     ちょっとした勘違いが逆にいい方向に・・・
     再会ってシチュエーションはなんかいいよね。 

    ☆中田永一 百瀬、こっちを向いて
     中田永一って乙一さんの別名というのはほんとかな?
     乙一さん好きだけど、こんな恋愛小説を書くとは!そこにびっくり。
     なかなか余韻の残るお話でした。

    ☆中村 航 突き抜けろ
     恋愛小説なのか?という感じのお話。
     どちらかと言うと、彼女との話よりも男同士の話がメイン。
     この話の良さがイマイチわからなかった・・・

    ☆本多孝好 Sidewalk Talk
     6人の中で、一番面白かった!
     離婚を決意した夫婦が最後のディナーを食べながら、
     お互いの気持ちをさぐり合う。
     切ないなぁ〜と思いながら読んでいましたが、
     最後のくだりにグッときました。
     めっちゃいい!ステキなお話でした。

    さて、本多さんってアンソロジーでしか読んだことないけど、
    今度図書館で探してみようかな。



    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    『Story Seller』

    • 2011.03.22 Tuesday
    • 22:57
     伊坂さんと有川さん読みたさに買いました。

    短編もたまにいいですよね。
    サクサク読めるし、いろんな作家さんの作品が入ってるし。

    ☆伊坂幸太郎 「首折り男の周辺」
    やはり伊坂さんらしいお話。
    短編の中でも、ちょっとした謎解きがあって、
    きちんと最後に繋がってる。さすが〜。

    ☆近藤史恵 「プロトンの中の孤独」
    はじめての作家さん。
    読みやすかった。自転車レースってあんまりよく知らないけど、
    スポーツの話はさわやかでいいです。

    ☆有川浩 「ストーリー・セラー」
    けっこう重かった・・・
    有川さんの作品はわりとさらっと読める感じが多かったので、
    ちょっと意外でした。こういう感じもあるんだ〜と。
    泣けます。

    ☆米澤穂信 「玉野五十鈴の誉れ」
    はじめての作家さん。
    時代の設定が古いのでまず違和感。
    米澤さんってミステリー作家なのかな?
    最後が全然読めなくて、最後の最後に背筋が寒くなった・・・
    そんなラストでした。

    ☆佐藤友哉 「333のテッペン」
    はじめての作家さん。
    やっぱりミステリー作家さんかな?
    不思議なお話で、最後までよくわからなかった・・・
    私が読みきれてないのかも?

    ☆道尾秀介 「光の箱」
    はじめの作家さん。
    すごく面白かったです。短編なのに深い。
    童話作家が主人公で、中に出てくる童話もいい。
    途中ちょこっと騙されて、なるほど!と思わされました。
    文章も好きなタイプです♪他の作品も読んでみたいと思いました。

    ☆本多孝好 「ここじゃない場所」
    はじめての作家さん。
    展開が気になって一気に読みました。
    わかったようなわからないような?
    「ここじゃない場所」を求めたけど、やっぱり「ここ(普通)がいい」ってこと?

    Story Seller 2・3も出ているので、
    また読んでみたいと思います。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    ブクログ

    ねこのきもち

    ブログ村

    楽天ブックス

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM