スポンサーサイト

  • 2013.10.26 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    『永遠の0』 百田尚樹

    • 2013.02.05 Tuesday
    • 23:09

    友達のゆきんこちゃんがすごいオススメしていたので、
    戦争ものが嫌いな私ですが、読みました!!

    いやぁ~すごかった・・・・
    重かった・・・・辛かった・・・
    でも読んでよかった。
    そんなお話でした。

    太平洋戦争で亡くなったおじいちゃんについて調べる姉弟。
    調べるうちにわかってくる戦争の本当の姿。事実。
    それがとにかく詳細で、ほんとに戦争を経験した人から話を聞いてるみたい。
    すごい取材に時間かかってるだろうなぁ・・・
    戦争のことは、中途半端なことも書けないだろうし。
    なんて、感情移入しつつも、冷静にそんなことを思ってました。

    宮部さん(おじいちゃん)のお話はフィクションってわかっていながらも、
    ゼロ戦や特攻隊の話などは、事実だろうし、
    その時代のその若者たち、家族の気持ちを想像すると、
    とにかく苦しくて切なくて・・・
    私たちは同じ間違いを繰り返してはいけない!
    って心から思いました。

    一番大事なものは、国でも宗教でもなく、一人ひとりの「命」。
    そんな当たり前のことを教えてくれる1冊。
    世界中の人たちが、自分の命や家族の命を
    大事にしてくれますように・・・

    読んでよかった。

    ・・・でも。もう一回は読めないな^^;つらくて。


    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    『風の中のマリア』 百田尚樹

    • 2011.08.31 Wednesday
    • 09:53

    装丁がキレイで思わず買ってしまった本。
    「永遠の0」がすごく売れてたみたいなんで、
    そちらにしようかと思ったんですが、
    こちらの方が面白そうで。

    オオスズメバチのお話です。
    ハチの生態がこと細かく丁寧に描かれていていました。
    私は生物は(も?)苦手なんですが、
    遺伝子のしくみも解説図までついていてわかりやすいし、
    生物の教科書みたい。
    さすがにハチに感情移入はできなかったけど、
    帝国を守るために自分を犠牲にして使命を果たすマリアが、
    痛々しいけど清々しい感じもしました。

    昆虫同士の戦闘シーンが多くて、意外とエグいのがちょっと気持ち悪かったり、
    もうちょっとファンタジーなものを想像していたので、最初は違和感もあったけど、
    ハチの世界(昆虫の世界)をそのままリアルに描いているのが、
    なんだか小説っぽくなくて、新鮮でした。

    面白いかといえば・・・
    面白かった!とも言えないんだけど(笑)

    勉強になりました!

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    ブクログ

    ねこのきもち

    ブログ村

    楽天ブックス

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM