スポンサーサイト

  • 2013.10.26 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    『いつかパラソルの下で』 森 絵都

    • 2012.03.19 Monday
    • 22:35

    久々に森さんの本を読んでみました。
    なんだか表紙がキレイで魅かれました♪

    さわやかなお話なんだろうなぁ〜と思って読み始めましたが、
    実は心の奥をトラウマを描いたもの。
    ずっと拒絶していた父親が突然亡くなったことをきっかけに、
    厳格で潔癖だった父親の裏の顔(?)を知ることになった兄妹たち。
    そんな父を知ることで、自分を見つめなおす・・というお話。

    重そうで、でも重すぎず。
    兄妹3人のやりとりが何だかほのぼのしてて、いい雰囲気。
    それぞれが父親の裏側を知ることで、
    少しずつ前進して行く姿はさわやかでした♪

    こういう親だと、こう育つのかぁ・・・
    とそっちに共感したり。
    厳しすぎると逆に反発してしまうもんですよね。
    でも、大人になってからも、なんでも親のせいにするのは、
    かっこ悪いことなんだなぁと、改めて思わされました。

    野々の彼氏がなかなか素敵で、
    いいこと言うんですよね〜。
    兄の彼女の啖呵もいい!
    途中どうなることかと思ったけど、
    いい具合に収まってよかった♪
    幸せ〜な気分になる終わり方でした!



    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    『リズム』 森 絵都

    • 2011.05.11 Wednesday
    • 08:27
    評価:
    森 絵都
    角川書店(角川グループパブリッシング)
    ¥ 420
    (2009-06-25)

    森絵都さんのデビュー作。
    薄いせいもあるけど、さくっと読めました。

    どこで物語の盛り上がりがやってくるのか??と思っていたら、
    特に盛り上がりもなく(笑)、そのまま終わってしましました。
    児童文学っぽいわかりやすい内容です。
    思春期の心の揺れ動きが懐かしい・・・
    こんな時代もあったかなぁ・・・なんて。
    「永遠の出口」ほど深い感じはなかったけど、
    素直にいいお話だな〜と思いました。

    中学1年生の少女さゆきの気持ちに共感しきれないのは、
    やっぱり大人になってしまったからかなぁ。

    でも読んでよかった♪
    周りに流されず自分の「リズム」で進めばいいんだよ!って背中を押してくれます。
    子どもにも読んでほしい1冊です。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    ブクログ

    ねこのきもち

    ブログ村

    楽天ブックス

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM