スポンサーサイト

  • 2013.10.26 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    『プリンセス・トヨトミ』 万城目 学

    • 2011.09.28 Wednesday
    • 22:12
     万城目さんは、「鹿男あをによし」に続き2作目。
    sacchimoniちゃん経由でTOMさんにお借りしました。

    なかなかボリュームがあったけど
    一気に読んでしまいました。

    「鹿男・・・」もすーっと入ってしまったけど、
    今回も現実と妄想の間のような不思議な世界にはまりました。
    鹿がしゃべる・・・といった設定よりは現実的(?)な、
    「実は大阪国という独立国家があって・・・」という設定。
    そんなワケないやろ〜と思いつつも、
    読んでるうちに「アリかもな」と思えてしまうのが万城目ワールド♪

    現実との整合性をとるためなのか、
    法律のことや歴史上の説明がかなり長かったような気がしますが、
    大阪国が35年ぶりに立ち上がるあたりから、
    一気に面白くなってきました!

    さてさて、この先どうなる!?と思っていたら、ラストは案外あっさり。
    でも、秘密を守り続ける大阪国の”父と息子の関係”がいいですね。
    いいなぁ〜男同士って・・・^^
    とちょっと男社会がうらやましく感じたり。
    フィクションとわかりながらも、
    そんな風に受け継がれてゆく伝統っていいかもと思えました。

    私は日本史はそんなに詳しくないのですが、
    好きな人はもっともっと楽しめると思います。
    橋場、真田、松平・・・と登場人物の名前も凝ってるしね。


    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    『鹿男あをによし』 万城目 学

    • 2011.07.20 Wednesday
    • 20:46
    評価:
    万城目 学
    幻冬舎
    ¥ 1,575
    (2007-04)

    初めての万城目さん。
    最近は『プリンセストヨトミ』の映画のせいか、
    図書館に行ってもなかなか借りられなくて・・・
    やっとGETしました!

    前にドラマもやっていましたが、観てないし、
    タイトルからも何の話か全然想像がつかない・・・
    という状態で読んだのですが、面白かった!!
    よくもまぁこんなストーリー思いつくなぁ〜と感心。
    最近(といっても3月だけど)奈良に行ったので、
    余計に奈良の情景が目に浮かんで身近に感じました。

    鹿がしゃべる!?鼠も?狐も?大なまずが暴れる??
    思いっきりファンタジーだけど、妙に説得力があって素直に入り込んでしまいました。
    終わり方もさわやかで気持ちよくて好きです♪
    ドラマって玉木宏さんが主演でしたよね?
    それを想像しながら読んだので、ドラマも観てみたくなりました。
    万城目さんなかなか楽しいかも。
    次は『鴨川ホルモー』かな。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    ブクログ

    ねこのきもち

    ブログ村

    楽天ブックス

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM