スポンサーサイト

  • 2013.10.26 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    『プラチナデータ』 東野 圭吾

    • 2012.12.26 Wednesday
    • 00:19
    評価:
    東野 圭吾
    幻冬舎
    ¥ 1,680
    (2010-07)

    だんなの本。
    だんなは去年あたりから本をよく読むようになって、
    東野圭吾の本をよく買ってるので借りてます♪
    今年映画化されるので、急いで読まねば!

    舞台は2017年の日本。
    DNA捜査が発達した日本では、
    全国民のDNA情報を管理して、犯罪検挙率100%を目指す。
    主人公は、DNA捜査の研究員の神楽と、警察官の浅間。

    国民のDNA情報を国家が管理する社会。
    あり得なくもないような・・・
    それで犯罪者が確実に検挙されて、犯罪が少なくなるならいいことかも・・・?

    と思いきや、やっぱり国家権力って恐ろしい。
    国民のためと言いつつ、政治家や官僚といった国のトップは、
    自分たちを守ることしか考えないのか?
    フィクションだけど、「プラチナデータ」の意味を知ると、
    DNA管理社会に賛成はしたくなくなってきました。

    国家権力との戦い、という点では、
    伊坂さんの「ゴールデンスランバー」を思い出しました。
    ハラハラドキドキして、最後はスッキリ。

    映画化は、嵐の二宮くんと、豊川悦司らしいけど、
    なかなかいいかも。
    映画にしたら絶対面白そう♪

    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    『白夜行』 映画&ドラマ

    • 2012.05.07 Monday
    • 22:41
    評価:
    ---
    ポニーキャニオン
    ¥ 3,135
    (2011-07-20)

    評価:
    東野圭吾
    TCエンタテインメント
    ¥ 19,453
    (2006-06-23)

    だんなもはまった『白夜行』。
    GWに「映画も観たい!」と言うので借りて観ました。
    そして、ドラマも少しかじりました。

    <映画>

    あの長編を2時間程度でおさめるられるのか??
    と思ったけど、かなりはしょってまとめられていました。
    全体的に暗〜い感じ。
    内容が内容だから仕方ないけど、
    話し声もなんとなくみんなボソボソしていて、
    かなりボリュームあげないとよく聞こえないくらい。

    堀北真希はなかなかよかった♪
    姿勢が良くて、上品な感じで、でも裏がありそうなところが、
    ピッタリな感じがしました。←演技としてですよ。
    高良健吾の雰囲気も合ってたし、
    船越英一郎の刑事役もさすが!
    夜に見ていたので、なんだかゾクっと怖くかった。。
    内容は原作とかなり変わってたけど、
    ちゃんと2時間半でまとめてるところはすごい!
    登場人物はあれくらいにまとめないと、
    確かに多すぎてわけわからなくなるだろうなぁ。

    <ドラマ>

    ドラマはとりあえずヾだけ借りました。
    内容的にこちらの方がわかりやすい!
    そして、登場人物に感情移入しやすくて、
    最初のほうでウルウルきてしまいます。
    子役の子達がすごい!ってことかも。

    綾瀬はるかは、あんまり合わないかな〜と思ったけど、
    観てるうちにはまってきました。
    堀北真希の悪女っぷりもよかったけど、
    根の純粋さみたいなものが出てて全然違うイメージの雪穂。
    こういう雪穂もアリだなぁ〜と。
    山田孝之も武田鉄也も素晴らしい!!
    演技力に引き込まれました。
    原作とは違って2人が直接絡んだりするけど、
    風景や住んでる街、アパート、図書館・・・
    どれも想像していたものに近くて、
    私は映画よりもこちらの「白夜行」が好きかも。

    柴先コウの主題歌がこれまたよくて。
    最初誰が歌ってるのかと思いました。

    You Tubeで続きも観ましたが、まだ全部観ていないので、
    一応★4つ。少しずつ借りてじくり観たいと思います!

    『白夜行』 東野圭吾

    • 2012.03.24 Saturday
    • 19:34
    評価:
    東野 圭吾
    集英社
    ¥ 1,050
    (2002-05-17)

    東野圭吾さんの『白夜行』。
    いつか読もうと思いつつ、あまりの分厚さに躊躇してましたが・・・
    とうとう読みました。

    これ・・・すごいですね〜!!
    『容疑者Xの献身』で衝撃を受けましたが、
    それに相当するくらいの衝撃でした。
    もっと早く読めばよかった。

    850ページもあって、登場人物がめっちゃ多いのに、
    どの場面もそれぞれに深い意味があって、繋がってる。。
    途中から少しずつ謎解きされているのに、
    最後の最後までぐいぐい引き込まれました。

    今まで読んだことのない、不思議な小説。
    主人公の雪穂と亮司。
    結局最後まで二人の会話もなく、直接関係を告白することもないんだけど、
    その真相は想像すればわかる・・・という感じ。
    こんなに想像を掻き立てられた物語はないかも。
    いつもは本を読んで感情移入することが多いんですが、
    今回は何を考えてるのか全然わからない(笑)
    それが不気味で怖い・・・。
    決して楽しい話ではないのに、
    何度でも読んでみたいと思ってしまいます。
    しばらく余韻に浸ってしまいました。

    やっぱりすごいわ〜、東野さん。

    ドラマにも映画にもなってますが、
    これが名作と言われるのも納得。

    「あたしの上には太陽なんてなかった。いつも夜。
    でも暗くはなかった。太陽に代わるものがあったから。
    太陽ほど明るくはないけれど、あたしには十分だった。」
    深いわ・・・

    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    『ガリレオの苦悩』 東野圭吾

    • 2011.10.20 Thursday
    • 22:09
    評価:
    東野 圭吾
    文藝春秋
    ¥ 1,600
    (2008-10-23)

    ガリレオシリーズの短編集です。
    図書館で借りてきましたが、最近文庫本も出ましたね。
     『容疑者Xの献身』が★5つだったので、かなり期待!

    やっぱり面白かった♪
    短編ということで、さくさくと謎が解かれていくので読みやすかったけど、
    深さでいうとやっぱり 『容疑者Xの献身』にはかなわないかな。
    5編ありますが、湯川さんの知り合いに関わる事件が多く、
    相変わらず理系のトリックが全然読めない(笑)
    でも、今回は薫が登場しているおかげで
    彼女と湯川とのやりとりからよく理解できました。
     『容疑者Xの献身』もよかったけど、
    ドラマを見ていたからかやっぱり薫の存在っていいですね。
    湯川だけでも十分成り立ってたけど、
    薫の鋭さもなかなかいい味を出していて楽しめました。
    (逆に草薙刑事の存在感があんまりなかったけど。。。)

    『ガリレオの苦悩』というだけあって、
    天才科学者の人間っぽい部分が出ていたのもよかった。
    このシリーズまた他のも読みたいな〜。

    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    『容疑者Xの献身』 東野圭吾

    • 2011.08.15 Monday
    • 12:49
    評価:
    東野 圭吾
    文藝春秋
    ¥ 1,680
    (2005-08-25)

    久々の東野圭吾さん。
    実は案外読んでないんですよね・・・東野圭吾さんの本。
    ガリレオシリーズは初めてでした。
    ドラマの「ガリレオ」はちょこっと見てたので、
    湯川は福山さんを想像しながら読んでしまいました。

    それにしても・・・面白かった!久しぶりに☆5つ!
    最初から犯人がわかってるパターンですが、
    湯川が徐々にそのトリックを解いていくのがワクワク・ドキドキ。
    その湯川の大学時代の友人(石神)が主人公。
    石神も湯川に負けず劣らず頭がいいので、
    犯人はわかっているのにトリックがわからない・・・(笑)

    それに加えて石神の純愛が大きく絡んでくるので、
    それが切なくてすっかり引き込まれました。
    時々、気持ち悪い・・・と思うくらいの行動で引いてしまいましたが、
    それも、最後まで読んで意味がわかるとうるっときました。

    ミステリーだけど、ミステリーとしてだけではなく、
    いろんな意味ですごく満足な1冊でした♪

    私は超文系ですが、この理系シリーズかなりはまりそうです。
    「人に解けない問題を作るのと、その問題を解くのとではどちらが難しいか」
    「思い込みによる盲点をつく」
    がキーワードでした。深い・・・

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    ブクログ

    ねこのきもち

    ブログ村

    楽天ブックス

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM