スポンサーサイト

  • 2013.10.26 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    『あるキング』 伊坂幸太郎

    • 2013.05.31 Friday
    • 23:28
    評価:
    伊坂 幸太郎
    徳間書店
    ¥ 620
    (2012-08-03)

    大好きな伊坂さんの作品。
    ・・・だけど、感想が難しい。

    前に読んだ『SOSの猿』もそうだけど、
    完全に伊坂さんの趣味っぽいというか、
    万人受けしようとしてない感じ。
    (伊坂さんもあとがきにも書いていますが)

    ミステリーでもないし、ファンタジーでもない。
    現実と非現実が混ざった不思議な世界でした。
    簡単に言うと、野球好きの両親に野球で王となるように・・・と、
    「王求(おうく)」と名づけられた主人公の一生のお話。
    彼は、本当に野球の天才になったけど、
    天才がゆえに敬遠され、周りから妬まれ、
    ついには、まともに野球をさせてもらえない状況にまで・・・

    このお話のキーワードは、
    シェイクスピアの名作「マクベス」に登場する有名な台詞、
    「Fair is foul,and foul is fair」
    訳すと・・・「きれいはきたない、きたないはきれい」
    何が言いたいんだ??と思ってしまうキーワードですが・・・
    最後まで読んでも、わかったようなわからないような(笑)

    「Fair is foul,and foul is fair」

    いいことがいい、悪いことが悪い、とは限らないってことか。
    天才の一生って・・・・幸せなものとは限らないのかも?
    なんとも不思議な余韻が残るお話でした。

    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    『果つる底なき』 池井戸 潤

    • 2013.05.30 Thursday
    • 17:47

    ストーリーの舞台は、池井戸さんお得意の銀行。
    企業小説かなと思って読み始めましたが、ミステリーでした。意外!

    銀行員の伊木が、同期で親友の不審な死の真相を探るうちに、
    銀行の不正も明らかになり、自分も命を狙われることに・・・
    必要以上に人が殺されてるような気はしましたが、
    緊張感があって読みながらドキドキしました。

    銀行の内部事情のこと、企業間のお金の流れのことなど、
    あまり知識がない私でも、
    するっと理解できるわかりやすさは、さすが!
    こんなことで殺人まで犯すかな?という疑問はありつつも、
    先が気になって一気読みでした。

    なんといっても、主人公が人間としてカッコイイんですよね。
    池井戸さんの小説に出てくる主人公はみんなそうですが、
    正義感が強くて、組織に流されないので、
    つい応援したくなってしまいます。
    そして、やっぱりちょこっと恋愛も絡んでいたり。

    結末も、正義は勝つ!し、パターンは同じなんだけど、
    何を読んでも読後感がいいので、安心して読めます。
    ミステリー、もっと書いて欲しいです!

    池井戸さんはあとは、「俺たちバブル入行組」シリーズも読みたいな♪

    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    『ふがいない僕は空を見た』 窪 美澄

    • 2013.05.29 Wednesday
    • 20:48

    2011年の本屋大賞2位の作品。そして、山本周五郎賞!
    これは期待できるはず☆と図書館で借りてみました。

    読み始めてびっくり(@_@)
    これは・・・・なんだ??
    最初からちょっと変態な性描写だらけ。コスプレですか・・・?
    本屋大賞&山本周五郎賞なんて・・・ほんとですか?
    と、若干引き気味に読み始めましたが、
    途中からなぜか引きこまれました。

    章ごとに主人公が変わりながら、全体が繋がっているという構造。
    最初の主人公は、助産師のお母さんと2人暮らしの高校生の斉藤くん。
    ふとしたきっかけで、主婦とコスプレ関係になるわけですが・・・
    第2章は主婦が主人公。
    第3章は斉藤くんの彼女が主人公。
    第4章は斉藤くんの高校の友達が主人公。
    第5章は斉藤くんのお母さんが主人公。

    といった感じで、それぞれの立場でストーリーが展開しますが、
    みんな悩みが深く、重く、切ない・・・
    どうしようもない「ふがいない」人たちのお話だけど、
    第4章の「セイタカアワダチソウの空」を読んで、
    痴呆の祖母の世話をしながら健気に頑張る福田くんに感動。。
    全然救われない感じなのに、妙に爽やかで、不思議な涙が出ました。

    コスプレ話が必要かどうかは別として、
    どんな状況でも、おかしな方向に向かってしまっても、
    生まれたからには前向きにがんばるしかないよね、と思えてきます。

    いいお話ってわけではないけど、
    最初のコスプレで諦めず最後まで読んでよかった(笑)

    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』 岡崎琢磨

    • 2013.02.17 Sunday
    • 23:08

    先輩からの借り本。

    珈琲店「タレーラン」のバリスタ・美星と、その珈琲に魅せられたお客の青年が、
    いろんな謎を解いて行くお話。
    美星の影のある雰囲気とか、淡々と謎を解き明かす感じが、
    ビブリア古書堂とよく似た感じ。

    ミステリー好きの私としては、「このミステリーが凄い!」の隠し玉ということで
    かなり期待してしまいましたが、
    ミステリーだと思うとちょっと物足りないかな。
    でも、美星のトラウマの謎や、最終章の展開はなかなか面白かった!
    登場人物の名前が凝ってたり、
    ところどころに珈琲の薀蓄が入ってたり、
    ちょっと恋愛っぽい要素が含まれてたり、と、
    けっこう盛りだくさんな感じで楽しめました♪

    2人の関係もちょっと気になるし、
    心を開き始めた美星の今後も・・・
    続編あるんだろうなぁ〜。

    デビュー作ってのがすごいなぁ。

    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    『永遠の0』 百田尚樹

    • 2013.02.05 Tuesday
    • 23:09

    友達のゆきんこちゃんがすごいオススメしていたので、
    戦争ものが嫌いな私ですが、読みました!!

    いやぁ~すごかった・・・・
    重かった・・・・辛かった・・・
    でも読んでよかった。
    そんなお話でした。

    太平洋戦争で亡くなったおじいちゃんについて調べる姉弟。
    調べるうちにわかってくる戦争の本当の姿。事実。
    それがとにかく詳細で、ほんとに戦争を経験した人から話を聞いてるみたい。
    すごい取材に時間かかってるだろうなぁ・・・
    戦争のことは、中途半端なことも書けないだろうし。
    なんて、感情移入しつつも、冷静にそんなことを思ってました。

    宮部さん(おじいちゃん)のお話はフィクションってわかっていながらも、
    ゼロ戦や特攻隊の話などは、事実だろうし、
    その時代のその若者たち、家族の気持ちを想像すると、
    とにかく苦しくて切なくて・・・
    私たちは同じ間違いを繰り返してはいけない!
    って心から思いました。

    一番大事なものは、国でも宗教でもなく、一人ひとりの「命」。
    そんな当たり前のことを教えてくれる1冊。
    世界中の人たちが、自分の命や家族の命を
    大事にしてくれますように・・・

    読んでよかった。

    ・・・でも。もう一回は読めないな^^;つらくて。


    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    『いつか、キミへBoys』

    • 2013.01.30 Wednesday
    • 00:20

    sacchimoniちゃんからの借り本。
    石田衣良、小川糸、朝井リョウ、辻村深月、
    山崎ナオコーラ、吉田修一、米澤穂信。なんと豪華!!

    この中で読んだことないのは、朝井リョウと山崎ナオコーラさん。

    ちょっと若者向けなんだろうな。
    小学生~高校生くらいの若い男の子のお話でした。
    テーマも少年たちの年齢もバラバラで、
    それぞれやっぱりタイプが全然違うんですよね~。
    短編なので、浅い感じですが、
    米澤さんは短い中でもミステリーとしてできあがってるのがすごい。
    ガッツリミステリー読みたくなってきた・・・
    一番よかったかも♪

    他の作品は、
    辻村サンのは意外にさらっとしてたし、もうちょっと濃いのが欲しかったかも。
    石田サンのは、うーん・・・よくわからず(笑)意味なくエロい。
    朝井サンは施設の男の子のお話。ちょっと切ない。
    山崎サンは、イマイチ。わりと普通の小学生のお話。
    吉田サンは、ちょっと暗い影のある雰囲気のお話。
    小川サンは、ほんのりあったかくていいお話。

    短編読むと・・・長編が読みたくなる(笑)

    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    『夜行観覧車』 湊 かなえ

    • 2013.01.20 Sunday
    • 23:58

    ドラマにつられて買ってしまいました。
    湊さんの本は、ドロドロしてて嫌だなぁ~と思いつつ、
    ついつい手にとってしまうんですよね。

    高級住宅地に住むエリート家族とちょっと背伸びして引っ越してきた家族。
    そこで起こる殺人事件とそれを取り巻く人間関係のお話。
    やっぱりドロドロ・・・家庭崩壊・・・反抗期・・・
    こわっ!と思いつつも、あっという間に読んでしまいました。

    さすがに殺人はないにしても、
    家庭内暴力やエリート家族が抱える問題なんかは、
    けっこうあるんだろうなぁ。。
    やっぱり背伸びはダメだね。
    身の丈にあった生活と子どもに過度な期待をしない!
    それが一番(笑)

    しかし、子どもの反抗期ってこんなに大変なものなのか!?
    と思うとちょっと怖いなぁ。
    ドラマを娘と観ていたら、すごい真剣に観てた・・・
    ドラマは原作とちょっと違うところもあるけど、
    なかなか面白いですね。

    最後はどうなるのかわからないけど、
    原作は読後感はよかったです。
    (湊さんの作品にしてはめずらしく)

    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    『SOSの猿』 伊坂幸太郎

    • 2013.01.02 Wednesday
    • 21:23
    評価:
    伊坂 幸太郎
    中央公論新社
    ¥ 660
    (2012-11-22)

    2012年は、50冊読了を目指していましたが、49冊!(・∀・;)
    子どもたちの夏休みあたりは全然読めなかったからなぁ。
    今年は50冊は読みたいな。

    さて、今年の1冊目は伊坂さん♪

    文庫化されたものは即買っていましたが、
    積読本になってました。

    ひきこもり青年の「悪魔祓い」を頼まれた男の話(私の話)と
    一瞬にして300億円の損失を出した
    株誤発注事故の原因を調査する男の話(猿の話)。
    交互に話が展開するのですが、
    最終的には繋がってる・・・という伊坂さんらしい感じ。

    最初はなかなか面白い!とスラスラ読んでいましたが、
    途中から孫悟空が出てくるとは・・・(笑)
    現実的な話とファンタジーが入り混じっていて、
    不思議なお話でした。

    誤発注事故の原因が、
    入力ミス→入力ミスの原因は作業者の睡眠不足
    →睡眠不足の原因はお隣の部屋が騒がしかったから・・・
    という真因分析にはオイオイと思いましたが(-∀-`; )
    二つのお話を繋ぐ重要な要素。

    孫悟空の存在は必要か?とも思いつつ、
    バカバカしい感じで楽しめました。

    さぁ~今年もいろいろ読むぞ☆

    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    『ワーキング・ホリデー』 坂木 司

    • 2012.12.30 Sunday
    • 00:05

    坂木さんの本は、『和菓子のアン』に続いて2つめ。
    図書館で見つけたので、何となく借りてみました。

    元ヤンでホストの大和の前に突然現れた小学生「進」。
    なんと、大和の子どもだという・・・
    チャラチャラした大和が、進が転がりこんできたことで、
    転職して真面目に働き、徐々にお父さんっぽく
    変わっていく・・・というあったかいお話。

    話自体はいかにもフィクションなんだけど、
    父子の関係がだんだんとできあがっていく感じは、
    なんかわかるかもなぁ~と思えました。
    男親にしかできないことってやっぱりあるだろうし、
    なんかうらやましい(笑)
    ここぞ!というときに頼りになったり、
    男としての生き方を教えてくれるところは、
    チャラチャラしてててもカッコイイなぁ。

    最初、進がやたらとしっかりしていて、かわいげがないくらいだったけど、
    だんだん子どもらしい部分が見えてきて、かわいかった♪
    周りの登場人物もいい人だらけだし、
    安心して読めるほのぼのしたお話でした。
    続編ありそうな感じだけど、ないのかな?

    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    『プラチナデータ』 東野 圭吾

    • 2012.12.26 Wednesday
    • 00:19
    評価:
    東野 圭吾
    幻冬舎
    ¥ 1,680
    (2010-07)

    だんなの本。
    だんなは去年あたりから本をよく読むようになって、
    東野圭吾の本をよく買ってるので借りてます♪
    今年映画化されるので、急いで読まねば!

    舞台は2017年の日本。
    DNA捜査が発達した日本では、
    全国民のDNA情報を管理して、犯罪検挙率100%を目指す。
    主人公は、DNA捜査の研究員の神楽と、警察官の浅間。

    国民のDNA情報を国家が管理する社会。
    あり得なくもないような・・・
    それで犯罪者が確実に検挙されて、犯罪が少なくなるならいいことかも・・・?

    と思いきや、やっぱり国家権力って恐ろしい。
    国民のためと言いつつ、政治家や官僚といった国のトップは、
    自分たちを守ることしか考えないのか?
    フィクションだけど、「プラチナデータ」の意味を知ると、
    DNA管理社会に賛成はしたくなくなってきました。

    国家権力との戦い、という点では、
    伊坂さんの「ゴールデンスランバー」を思い出しました。
    ハラハラドキドキして、最後はスッキリ。

    映画化は、嵐の二宮くんと、豊川悦司らしいけど、
    なかなかいいかも。
    映画にしたら絶対面白そう♪

    にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
    にほんブログ村

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    ブクログ

    ねこのきもち

    ブログ村

    楽天ブックス

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM